« そして2012~名前を考える | トップページ | そして2012~おともだち »

2013年4月13日 (土)

そして2012~時計坂の家

Dsc05983_2

「時計坂の家」高楼方子 リブリオ出版
挿絵は、高楼さんのお姉さんの、千葉史子さん。
大、大好きな本ですheart01


Dsc05989

スギノさんは、左のひと。
不思議な感じの人です。

Dsc05992

家の中の様子。
かっこいいです~shine
イギリスのサー・ジョン・ソーンズ美術館をモデルにしているのかな、て思います。

美術館の1/6レプリカをいつか、作ってみたいなevent

高さが3メートルくらいになるみたいだから、
すごく大がかりです。。ライフワーク?

本物のサー・ジョン・ソーンズ美術館も、行ったことがないから
行ってみたいなhappy01


no.41

にほんブログ村

« そして2012~名前を考える | トップページ | そして2012~おともだち »

ヒト」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592650/57161300

この記事へのトラックバック一覧です: そして2012~時計坂の家:

« そして2012~名前を考える | トップページ | そして2012~おともだち »

無料ブログはココログ