« ドールショウ37行ってきました⑤ | トップページ | カメイ美術館へ »

2013年5月12日 (日)

「若冲」展へ

先日、東日本大震災復興支援「若冲が来てくれました」
プライスコレクション江戸絵画の美と生命、、に行ってきましたnote

プライスさんて、ブライスさんに似てますねeye
Dsc01063

ぷらいすさんは、無名だった若冲の価値を見出したひとですshine
評論家や、投資家ではなくて、江戸絵画を集めていたら、若冲ばっかりになっていた。。
という、個人のコレクターです。

プライスさんが集めだしたころは、若冲は評価されていませんでしたが、
彼が、これいいよ~見せているうちに、たくさんの人に共感されるようになりましたhappy01

Dsc01052


Dsc01053

Dsc01066

Dsc01065_2

今回のメインは「花も木も動物もみんな生きている」という、
升目にいっこづつ色がぬってある、屏風です。

ます目が、細かく塗ってあります。
南国のお風呂やさん(?)にいるみたいな、、ぷかぷかした気分になりましたapple
パラダイスspa

Dsc01048
きつねさん♪

Dsc01041
うさぎさん♪

Dsc01051
にわとりさん♪

展覧会にいってみて、はじめて、若冲さんの水墨画のすてきさを知りましたshine
筆のすべる音、墨のにおいがしてきそうで、彼の絵を描くよろこびが
びしばしと、伝わってくる、、それらの作品にかこまれて、胸がどきどきでした。。

Dsc01050

カタログより抜粋
「内山ー今回の震災は、全世界の報道されたわけですが。あれを見て
アメリカ人の日本人に対する考え方などが変わったとお思いですか?

悦子(プライス夫人)-アメリカ人だけではありません。世界中の人が、『日本人はなんて我慢強いんだろう』
と言ったのです。政府や東電に対してはすごく厳しい批判をしていたけれども、日本人に対しては、すばらしいの一点でした。
だからそこで日本人は株を上げたのです。
東北の人たちが日本人の株をすごく上げたわけです。食べ物もない、薬もないようなときに、よく暴動がおきなかった・・・・・・それがアメリカ人にとっては不思議なのです。アメリカでは何かあると、とにかく暴動、略奪があります。それが日本ではなかった。それが不思議というより、尊敬以上の驚きだったのです。」

no.67


« ドールショウ37行ってきました⑤ | トップページ | カメイ美術館へ »

動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592650/57365513

この記事へのトラックバック一覧です: 「若冲」展へ:

« ドールショウ37行ってきました⑤ | トップページ | カメイ美術館へ »

無料ブログはココログ