« パンカさんと一角獣 | トップページ | マトさんとキメラ »

2013年5月21日 (火)

「貴婦人と一角獣」展へ

六本木にある国立新美術館へ
「貴婦人と一角獣」展を見に、行ってきました♪

国立新美術館は、初めて。
収蔵品をもたない、新しい美術館で、まだ出来て5年目とのこと。
広くて、ぴっかぴかでしたshine

Dsc00964_2

フランス国立クリュニー中世美術館が所蔵する
六枚組のタピスリー《貴婦人と一角獣》がメインです。

約4平方メートルのタピスリー6枚が、ワンフロアにどーんと飾られていて
大迫力でしたdash
天井が、美術館とは思えないほど、高かったです。

タピスリーは、人間の5感がテーマになっています。
「触覚」↓
Dsc01210
「味覚」↓
Dsc01211
「嗅覚」↓
Dsc01212
「聴覚」↓
Dsc01224
「視覚」↓
Dsc01215
最後は、「わが唯一の望み」です↓
この作品の意味は、色々な解釈がされていて、まだよく分かっていません。

5感を制御する『心』を表現した「第六感」だと、言う人もいます。
肉体と心はべつのもので、
『肉体』がもとめる5感につながる欲求をコントロールしたときに
あなたの『心』の唯一の望みは、なんぞや?と、問いかけているのかな。。
Dsc01216

追記(2013.5.22)

めいかのさんが、ライオンの存在感について、指摘してくださって
改めて調べた所、「わが唯一の望み」の、すてきな、別の解釈をみつけました。

それは、このタピスリーが、男性が女性に宛てて、愛のしるしとして、送ったというものheart02

獅子と一角獣が選ばれた理由

●獅子を意味するフランス語lion(リヨン)と、Lyon(リヨン/タピスリーの発注主ゆかりの都市)の類似
●一角獣を意味する、フランスの語viste(ヴィスト)と、le viste(ル・ヴィスト/タピスリーの発注主の名前)の類似
また、一角獣は、当時、恋愛を象徴する動物だった。

すると、「わが唯一の望み」は、『相手の女性以外は、何もいらない』という、愛のことばに!

養子のポジションだった発注主は、ライオンと一角獣に紋章の入った旗をもたせ
自分が、正式な継承者であることをアピールして
(しつこいほどに、ブルーの下地に月マークの紋章が、いたるところにある)
好きな女の人と、紋章を手に入れた。。。のかも、しれませんねribbon

かわいい箱♪
Dsc01037

お人形♪
Dsc01039


★2013.6.10 追記
日曜美術館(NHK)で、この展示が取り上げられていて、はじめて知ったことがあったので
書き加えておきます。

①ユニコーンが、イエス・キリストを意味していることもある。

(中世キリスト教世界では、獰猛な本質を捨て乙女に靡(なび)く一角獣は、聖なるイメージへと翻案され、神としての本質を捨て聖母マリアの母体に入ったイエス・キリストに重ねられた。)

②作家のジョルジュ・サンドが所有していた事がある。
のちに、フランス国家が買い上げた。

(1841年、史跡検査官・小説家のプロスペル・メリメが、「ブーサック城」(フランス中部の現・クルーズ県)で発見した。
間もなく女流作家ジョルジュ・サンドが新聞連載小説「ジャンヌ」(1844年発表)で採り上げて絶賛した。)


ありがとうございましたcherry
no.72



« パンカさんと一角獣 | トップページ | マトさんとキメラ »

人形」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592650/57427509

この記事へのトラックバック一覧です: 「貴婦人と一角獣」展へ:

« パンカさんと一角獣 | トップページ | マトさんとキメラ »

無料ブログはココログ